Home > 新着情報 > 社会福祉協議会を装った不審な問い合わせに注意!!

社会福祉協議会を装った不審な問い合わせに注意!!

5月28日「宮崎の社会福祉協議会」や「宮崎県社会福祉協議会」の組織や職員を名乗る人物から、家族構成や年齢、困り事を聞き出そうとする不審な電話を受けたとの問い合わせが複数の市町村社会福祉協議会に寄せられています。

 電話で個人情報を聞き出す手口は「アポ電(アポイントメント電話)」と呼ばれ、全国では電話があった後に強盗が押し入る事件も発生しています。

1.門川で起こった事例

日時:令和元年5月28日(火)午前8時40分位アポ電イラスト

場所:門川町民宅(偶然ですが民生委員さん宅でした。)

電話の相手:男性(落ち着いて物腰も柔らかく、40代から50代くらいの声に聞こえた)

実際の会話

【不 審 者】宮崎の社会福祉協議会の者です。

     (名前は言わず)ひとり暮らしの調査をしています。

家族はいらっしゃいますか?

【門川町民】おります。

【不 審 者】年齢をお聞きしてよろしいですか?

【門川町民】私が一番年上です。

【不 審 者】何かお困りごとはありませんか? 

【門川町民】特にありません。

【不 審 者】それでは調査を終わります。 

★対応例★

  「私では分からないので、家族に代わります。」

  「折り返し電話いたしますので連絡先とお名前を教えてください。」

              ※ 【問合せ先】TEL 63-7210 FAX 63-0955

参考までに・・・チェック 手イラスト国民生活センター アポ電

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数

  • 18今日の閲覧数:
  • 841今月の閲覧数:
  • 123621総閲覧数: