Home > 新着情報 > 【お知らせ】令和2年7月豪雨災害におけるボランティア活動について

【お知らせ】令和2年7月豪雨災害におけるボランティア活動について

7月豪雨災害におけるボランティア活動ご検討中の皆さまへのお知らせ~被災地からのボランティア募集の発信があるまでは、被災地へ向かわないでください~

令和2年7月3日以降、九州地方を中心に記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が発生しています。この災害により亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

また、ボランティア活動をご検討のみなさまより本会へも問い合わせをいただいております。皆様のご協力に感謝申しあげます。しかしながら、新型コロナウイルス感染が懸念されている現在の状況下では、災害ボランティア活動を進めることで感染をさらに広めてしまう恐れがあるため、全社協が6月に公表した「新型コロナウイルス感染拡大下における災害ボランティアセンターの設置・運営等について~全社協VCの考え方~」により、「感染拡大の懸念がある期間は、広域に幅広くボランティアの参加を呼びかけない」とされました。それを受けて、すでに熊本県内の災害ボランティアセンターでは、ボランティア募集を県内に限っておりますので、被災地からのボランティア募集の発信があるまでは、被災地に向かわないようお願いいたします。
なお、被災地は大変混乱している状況ですので、被災地へのお電話やメール等でのボランティア活動に関するお問い合わせはお控えいただき、災害ボランティアに関する情報は、以下リンクから入手してください。

被災地支援・災害ボランティア情報(全社協)

物資の支援

また、物資等の支援につきましても、随時状況が日々変動しておりますのでH.P等でご確認をお願いいたします。

 

支援物資の受け付けは熊本県が取りまとめて行っております。

詳しくは、熊本県ホームページ

 「7月4日の大雨の被害に伴う支援物資のお申し出について」新しいウインドウで をご覧ください。

 

 

アクセス数

  • 38今日の閲覧数:
  • 1659今月の閲覧数:
  • 143360総閲覧数: