ホーム > 事業内容 > 門川町地域包括支援センター

門川町地域包括支援センター

地域包括支援センターとは?

地域包括支援センターは、高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心して暮らせるように、公正・中立の立場から保健、福祉、医療の向上、健康増進のために支援いたします。
主任ケアマネージャー、社会福祉士、看護師などの専門職が高齢者のみなさんのご相談の窓口になります。
介護などで困ったときは気軽にお電話ください。

TEL:0982-63-1129    FAX:0982-63-1436

 

地域包括支援センターの仕事

①介護や健康のこと(介護予防マネジメント)
◆介護保険の申請を頼みたい
◆身体の機能に不安がある
◆今の健康を維持したい  など

*介護予防とは?
介護予防は、「できる限り介護が必要にならないようにする」「介護が必要になってもこれ以上悪化させないようにする」ことです。
年齢に関係なく健康なうちから介護予防に取り組むことが大切です。
★具体的な事業は?

◆パワーリハビリテーション(機能訓練)

パワーリハビリテーションとは

☆チェックリスト!思い当ったら参加してみましょう!!

☆無理なく楽しんでリハビリを続けるために

 

◆いきいき百歳体操の普及・啓発

いきいき百歳体操は、自分に合った「おもり」を手首と足首につけて運動を行うことで、筋力、バランス能力を高めることができます。

いきいき百歳体操は、継続することが最も効果的です。(週2回程度)

百歳体操実施場所一覧表

◆体力測定

平成29年度から門川町では、各地区公民館・集会場等において 測定内容図

65歳以上の方を対象に体力測定が行われています。

(百歳体操で行われてきた測定は、体力測定へと移行されました。)

測定結果は個別にグラフにしてお渡しいたします。

(毎年、測定することでご自分の体力の変化が確認できます。)

平成30年度 体力測定会予定はこちらをクリック

 

◆介護予防教室

公民館等での介護予防教室を受付ております。地区の希望に合わせて講師の調整や職員派遣を行います。

☆こちらから予防教室メニューを選べます!

☆お勧めメイク講座

☆こんな出前講座もあります

 

◆平成27年度 第1回防災のためのノルディックウォーク教室を実施しました。

☆防災のためのノルディックウォーク教室

~目的~

①災害時に自ら避難できるような体力づくりができる。

②日常的な交流の場の確保

③高齢者の引きこもり予防

④地域見守り体制の一助

⑤脳血流を活性化させ、予防教室

~対象者~65歳以上の高齢者

◆自己管理プロジェクト

病気の再発予防と自立した生活がいつまでも続けられるように、ちょっと出かけてみませんか?

各専門職が生活に役立つ講座を行います。

☆平成29年度予定
◆認知症に関する研修会

介護予防教室や認知症予防プログラム等において認知症に関する研修会を行っています。

 

◆認知症サポーター養成講座

認知症の人と家族への応援者である認知症サポーターを養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指し、養成講座を実施しています。「集まりの時に勉強したい!!」という方は地域包括支援センター(63-1129)までご連絡をお願いします。

認知症サポーターとは?

「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。
認知症サポーターに何か特別にやってもらうものではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者になってもらいます。そのうえで、自分のできる範囲で活動をお願いしています。

例えば、「友人や家族にその知識を伝える」「認知症の方やその家族の気持ちを理解するよう努める」「隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする」など活動内容は様々です。
認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。この「オレンジリング」が連繋の「印」になるようなまちを目指します。


◆介護教室

介護教室では、介護実技や調理実習を行っています。

 

◆訪問型介護教室

門川町内の方を対象として、職員が自宅へ出向いての介護教室を実施しています。ご本人や自宅環境に合わせて、個別に対応しています。

希望する方は、担当のケアマネージャーまたは、門川町地域包括支援センター(63-1129)へご連絡ください。

☆訪問型介護教室ちらし

 

②権利を守ること(権利擁護)
◆悪質な訪問販売の被害にあった

◆財産管理に自信がなくなった

日常生活自立支援事業とは

判断能力が十分でない方が適切なサービスを受け、住み慣れた地域で安心した生活が送れるよう福祉サービスの利用援助や、日常生活に必要なお金の管理が難しい方の生活を支援する制度として「日常生活自立支援事業」があります。

対象者:認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい

利用料:1時間1,000円+交通費 (生活保護世帯については利用料無料)

 

成年後見制度とは

成年後見制度~成年後見登記制度~

 

◆虐待にあっている人がいる
◆虐待をしてしまう  など

☆高齢者虐待とは

 

③暮らしやすい地域のために(包括的・継続的ケアマネジメント)
◆関係機関との連携
*高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすことができるようさまざまな職種や機関と連携するためのネットワークづくりを進め、高齢者の生活全体を支えていきます。
★具体的な事業は?
◆居宅介護支援事業所連絡会~町内事業所一覧
◆訪問介護事業所連絡会~町内事業所のご案内

◆通所介護事業所連絡会~町内事業所のご案内

◆地域ケア会議  等

 

④さまざまな相談ごと(総合相談)
◆近所の一人暮らしの人が心配

◆引っ越してきたばかりなので、友人を作りたい

◆近所にある高齢者の集まりを知りたい など

 

アクセス数

  • 28今日の閲覧数:
  • 1046今月の閲覧数:
  • 96584総閲覧数: