ホーム > 事業内容 > 在宅福祉推進事業

在宅福祉推進事業

介護保険法に関する事業の推進

介護保険のサービス

☆居宅介護支援事業(ケアプラン作成)
介護の必要な方が居宅において必要な介護サービスが適切に利用できるよう、依頼を受けて介護支援専門員が居宅サービス計画(ケアプラン)を作成します。その計画に基づいて指定居宅サービスの提供が確保されるよう事業者等との連絡調整を行います。

 

☆デイサービス(通所介護事業)
昼間、日帰りで利用いただくサービスです。自立した日常生活を送ることができるよう、健康チェック、入浴、食事を提供し、必要な日常生活上の世話および機能訓練を行います。
・リフトカー等による送迎
・健康チェック(血圧、脈拍、体温、顔色など)
・入浴
・食事
・創作活動などのレクレーション

 

☆訪問介護事業
訪問介護員が居宅に訪問して、入浴、排せつ、食事等の介助等、日常生活上の世話と通院介助等を行います。
1年365日24時間体制でサービスを提供します。

 

介護予防・日常生活支援事業

配食サービス事業

ひとり暮らし高齢者や高齢者のみの世帯、身体障害者で心身の障害、疾病等の理由で調理が困難な在宅の方を対象に、栄養バランスのとれた食事(昼・夕)を自宅にお届けし、健康増進、介護予防に努め、安否確認を行います。

 

アクセス数

  • 11今日の閲覧数:
  • 1204今月の閲覧数:
  • 100323総閲覧数: